松本山雅FCプレミアム MATSUMOTO YAMAGA FC PREMIUM

【試合後コメント】第1節 横浜FC戦 ※無料配信

comment1801

comment_2
浦田 延尚(DF)

「ディフェンスとしてゼロで抑えられたということは敵地で勝ち点1を持って帰れるということなので、その部分はポジティブに捉えたい。まだまだな部分も全然多いが42試合のうちの1つで、悪い結果ではない。この勝ち点1を次に繋げることと、自分自身もその流れに乗っていくことが大事なのでこれからも頑張っていきたい。(横浜FCは)昨年のJ2得点王で背負ったりパワフルなプレーが得意な選手(イバ)がいる中でも、あそこまで粘り強く守備できるのがこのチームの強み。それを随所に出すことができたし、その結果としてゼロで終えられた。今度はこれを勝ちに繋げていきたい」


2018comment_14
パウリーニョ(MF)

「開幕戦という特別な試合で緊張感が高い中、もうちょっと落ち着いても良かったと思う。自分たちはもっともっと良くなると信じているし、きょうも何本かコンビネーションとかサイドの崩しが出たので、それをもっと続けていくことが大事。向こうが自分たちのポゼッションを待っていたというのもあってやりづらかったのは確かにあるが、それも乗り越えていかないといけない壁。これからもたくさん壁を超えていきたい。去年(の開幕戦)と一味違うことは自信になるしメンタル的にもいいこと。個人的にも去年よりきょうの方がいいゲームができたんじゃないかと思っている」


2018comment_29
下川 陽太(DF)

「自分のコンディションや体のキレは悪くなかったが、チームとして守備に回る時間帯が多く、持ち味の攻撃という部分は出しきれずに終わってしまったという印象がある。イバ選手に収められてしまったのとセカンドボールを拾われてしまったのがその要因だと思う。左サイドで関係性を持てば優位になるとわかっていたのでハーフタイムに修正をかけて、後半は少し良くなった。この結果は全然マイナスには捉えていないし、勝ち点1を持ち帰ることができた。あとはクロスやシュートなど、自分自身の最後の精度の問題。そこを突き詰めていかないと点は取れない」


2018comment_38
永井 龍(FW)

「勝ち点1を取れたということは大きいしプラスに捉えている。ただ、FWが個人でシュートに持っていくことができなかったのが課題。シュートがなければ得点はないので、それはFWの責任だと思う。前半は硬くてボールを収められなかったり縦パスがキツかったりというのがあったが後半は柔らかくなったので、後半のプレーを最低限にやればどんどん良くなっていく。攻撃の厚みがなかったし単調だったので、相手DFからすれば入ってくるボールを狙うだけでよかったのでそんなに難しい守りをせずに済んだ。2人で惑わせるように連動して動いたりしっかり収めてシャドーボランチも絡み合ってワイドも使って、という厚みのある攻撃をしないと上位にいけない」

トップへ戻る