松本山雅FCプレミアム MATSUMOTO YAMAGA FC PREMIUM

【試合後コメント】第1節 磐田戦 ※無料配信

comment1901

2019comment_6
藤田 息吹(MF)

「チームとしてはある程度やれたと思うが、個人的には意外とやれなくて悔しい気持ちがある。冷静に試合を見直してみないとわからないが、攻撃はちょっとバタついて安全にクリアしてしまったり、守備もあまりボールを取りきれなかったりとか、全体的にちょっとずつ思うようにはいかなかった。先制点は確かによかったが、それがあってもなくてもチームは落ち着いてプレーできていたと思う。失点は隙を突かれてというよりはクロス対応に尽きる。そこは誰がとかじゃなくて全員がしっかり完璧にできるようにならないといけない。去年のJ2でデータ上はクロスから2失点しかしていないのに、1試合目でもう1失点してしまった。(J1の選手は)外す力があるのでレベルを上げなければいけない」


2019comment_8
セルジーニョ (MF)

「いい試合でいい経験にもなった。全体的に見るとアウェイでいい試合ができ、勝ち点1を取れたことをポジティブに考えている。自分ももっともっと成長しないといけない部分はあるが、きょうはチームに貢献できてよかったし楽しかった。勝ち点3を取ることはできなかったが、それに値する試合はできたしチャンスもたくさんあった。この調子でやっていけば自然と勝ち点3は積み重ねられると思う。もちろん練習からしっかりやっていけば(J1に)生き残れるチームだと思うし、そういうメンバーもいる。ピッチ外では『残留できない』とか『1年で落ちる』とか言われているのかもしれないが、ピッチ内で自分たちを信じて戦えば残留以上の結果を出せると思っている」


2019comment_11
永井 龍(FW)

「個人的なことを言えば点を取れるチャンスがあったので、そこを(磐田FW)川又選手のように決めるか決められないのか…その差が出たのかなという感じがする。チームとしては前半に何個かチャンスがあったのでそこを決めていれば試合は決まっていたが、そんなにJ1は甘くない。ただ、しっかり勝ち点1を取れたのは大きな一歩かなとも思う。自分たちの特徴である前線からのプレスは3人プラス後ろでかけてボールを取れたところもあったので、そこは自信を持っていいと思う。(キャンプで)走ってきた甲斐があった。細かく言えばJ1の壁も感じたが、できなくはない。もっとチャンスの数が少ない試合も出てくるので、そこをどう沈めるかが勝ち点3を取るために必要」


2019comment_31
橋内 優也(DF)

「前半は先に点を取れたのもあって、開幕戦でJ1が初めての選手もいたのでちょっと硬かった。ハーフタイムにしっかり修正をかけられて、後半はビルドアップからチャンスをつくれるシーンもあった。そこを何とか継続して次もやっていければいい。(失点場面は)J1だからどうこうというわけじゃない。ボールホルダーはフリーだったし、クロスにももうちょっと体を寄せられればよかった。チームとしてはそういう部分をやられないようにトライしていくことが必要。失点して顔が下がりかけていて、そうなると全体的にダダッとやられがちだが、そうならないように全体的に前向きな声かけも出ていた。負けないゲームというのは大事だと思っているし、最悪アウェイなので(勝ち点)1を取って帰るのも大事」

トップへ戻る