松本山雅FCプレミアム MATSUMOTO YAMAGA FC PREMIUM

【試合後コメント】第42節 徳島戦(4)※無料配信

comment_4
飯田 真輝(DF)

「1年間を振り返ると大変だったが、最後引き分けでもいいという状況をつくり出せたのは、自分たちの日頃の努力の結果だと思う。サポーターの力も大きい。やってきたことに間違いはなかったというシーズンだった。個人的には辛いシーズンではあったが、自分を信じて最後までやりきれたことが最後の最後に力になれたかなと思う。優勝という形でサポーターに恩返しできたと思うので、また結果としてさらに恩返しできるようにまた努力していきたい。一緒に戦ってもらえたら」


comment_9
高崎 寛之(FW)

「結果が出せたのでホッとしている。ケガをしない体づくりをしているし、ケガをしている選手の分も戦えたのはよかったと思う。ただ、ゴールが少なかったのは反省している。チームとしてはJ2で優勝したが個人としてはもっとゴールを取りたかったし、少し悔しい気持ちもあるのは本音。トレーニングはちゃんと毎日やっている中でも結果が出ないというのは苦しい日々だったが、それでもやり続けることが大切。ゴールは取れなかったがアシストとか守備の部分では貢献できたんじゃないかと思う。守備をやらないと試合にも出られないと思っているし、それをやりつつプラスアルファとしてゴールという結果を残して、次のステージに進んだときに今よりもっとやれないといけない。ここ3年はJ2にいたので、またJ1でやるには相当の技術と気持ちが必要。とりあえず今は身体もかなり痛いところだらけなのでしっかり休んで、来シーズンもしっかりまた体づくりをして調整していきたい」


comment_16
村山 智彦(GK)

「相手がどういうスタイルかはわかっていた。その中で自分たちが前からプレスをかけてボールを奪うというのは前半はよくできていたし、早い段階でピンチをつぶしていたのでよかったと思う。(自身は守田の負傷に伴い、残り3試合で出場して3試合連続無失点とし)3試合とも失点しなかったのは非常によかったが、それは自分だけの力ではない。日々の練習からGK4人がいい競争をできたからこその結果だと思うので、いいトレーニングがいいゲームに繋がったのかなと思う。(J2優勝は)サッカー人生でそう多く経験できることではないので非常にいい経験ができたし。しかもホームで決められたのでたくさんの方の前で優勝を報告できたのはありがたかったし、感謝しかない。いい恩返しができたと思う」


comment_31
橋内 優也(DF)

「(シーズンを振り返って)特に序盤は勝てず、正直すごく苦しい時期もあった。山雅はある程度J2では結果を残してきたチーム。今シーズン僕が(ゲーム)キャプテンになって、『もしかしたら一番勝てないチームを引き受けることになるのかな』という思いがあったが、今こうして大きな目標を達成できてうれしい。過ぎたことは取り戻せないが、「次」は自分たちでつかめる。次の試合に顔を上げて向かうこと、必ずどのゲームにもあるいい部分を少しでも伸ばしてダメな部分を修正して次に向かうことを声掛けするよう意識していた。このチームは本当に一丸となって、サブに入らない選手もサブの選手も全員が普段からトレーニングを積んでいい雰囲気をつくっている。ほかのチームにも負けない一番のチームメイト。ただ、簡単だと思った試合は1つもないし、全部難しいゲームだった。前線の選手たちが、本来自分たちのやりたいことはあると思うが、チームのルールがあって歯を食いしばってやってくれていた。互いの信頼感がないとできないサッカーだし、全員攻撃全員守備が自分たちのストロング。きょうも最後は相手に流れが行きかけたが、『危ないピンチはあったかな?』という感じ。前の選手も後ろを信頼してくれていると思うし、自分たちも前を信頼している。0−0だったがいいゲームだったと思う」

トップへ戻る